TOPページ パート紹介 演奏会履歴 リンク集 団員募集 メールフォーム
Welcome to MEgRO
カウンター
NEW
<'19/7/10更新>
QRコード
団員専用ページ
ご意見・ご感想は
メールフォーム
または
こちらのアドレスまで
画像
スパムメール対策のため
画像になっております。
旧ヤマハ目黒吹奏楽団
目黒吹奏楽団
YAMAHA MEgRO
  = 目黒吹奏楽団 第39回定期演奏会 =
感謝! 「目黒吹奏楽団 第39回定期演奏会」に
多数ご来場いただき誠にありがとうございました。
団員一同、心より御礼申し上げます。
  = クラリネット・アンサンブル Grow & 目黒吹奏楽団
Anniversary Concert
~鳥谷部武夫常任指揮者就任10周年~
=
アニバーサリーコンサート
<ハガキ>
<チラシ>
・日時: 2019年10月5日(
 開場:13:00
 開演:13:30
・場所: めぐろパーシモンホール
大ホール
・入場料: 無料
・指揮: 鳥谷部 武夫
・司会: 大田 昌穂
・主催: 目黒吹奏楽団 / クラリネット
・アンサンブル Grow
・協力: ヤマハ目黒センター
~ 曲目 ~
1st Stage
エル・カミーノ・レアル (作/A.リード)

メモリーズ・オブ・ヘンリー・マンシーニ
(作/H.マンシーニ 編/真島 俊夫)

ディズニー「白雪姫」より 口笛吹いて働こう
(作/F.チャーチル 編/真島 俊夫)

フェスティバル・ヴァリエーション (作/C.T.スミス)

2nd Stage
ティコ・ティコ (作/Z.アブレウ 編/森田 一浩)

さくらのうた (作/福田 洋介)

クラリネット・アンサンブルGrow創立10周年記念委嘱作品
 クレシタ (作/八木澤 教司)

ピアノソナタ第8番「悲愴」より第二楽章
 アダージョ・カンタービレ
(作/L.V.ベートーヴェン 編/C.W.ジョンソン)

ジョイフル・クラリネッツ (作/真島 俊夫)

3rd Stage
天地人 〜オープニングテーマ ロングバージョン
(作/大島 ミチル 編/星出 尚志)

ジャパニーズ・グラフィティⅩⅦ 美空ひばりメドレー
(作/小椋 佳 他 編/星出 尚志)

ニュー・シネマ・パラダイス
(作/A.モリコーネ & E.モリコーネ 編/大島 ミチル)

楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より
  第1幕への前奏曲 (作/R.ワーグナー 編/木村 吉宏)

~ 会場 ~
<めぐろパーシモンホール>
地図
東京都目黒区八雲1―1―1 「めぐろ区民キャンパス」内
●東急東横線 「都立大学」駅より徒歩 7分
●東急バス 「めぐろ区民キャンパス」バス停下車すぐ
 【渋34】 渋谷駅~東京医療センター
 【多摩01】 多摩川駅~東京医療センター
 【黒07】 目黒駅~弦巻営業所
 【都立01】 成城学園前駅~都立大学駅北口
  = 団体名称変更のお知らせ =
2017年7月より団の名前を『ヤマハ目黒吹奏楽団』から『目黒吹奏楽団』に変更しました。

1977年に前身の東京アンサンブル・アカデミーから『ヤマハ目黒吹奏楽団』が生まれて40年、多くの人に支えられてここまで活動を続けることができました。
団の名前は少し変わりますが、練習拠点、構成メンバー、活動内容は今までと同じく、地域の芸術文化振興の一助となるべく活動してまいります。

これからも、ここ目黒で、皆さまに愛される吹奏楽団を目指し、新たな歴史を紡いでいきたいと思います。
今後とも、末永くお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。

目黒吹奏楽団
  = 団員募集 =
当団では団員を募集しております。
詳しくは団員募集ページをご覧下さい。
  = 目黒吹奏楽団とは =
1977年10月『東京アンサンブル・アカデミー』を前身にアマチュアの吹奏楽団として『ヤマハ目黒吹奏楽団』を発足しました。
2017年7月『目黒吹奏楽団』に改名しました。
ヤマハ目黒センターを練習の拠点とする誰でも参加できる一般の市民吹奏楽団です。
鳥谷部武夫を常任指揮者として、毎年めぐろパーシモンホールにて自主演奏会を開催しています。
= 指揮者 =
鳥谷部 武夫 鳥谷部 武夫

愛称は「やべさん」
ヤマハ目黒吹奏楽団(現:目黒吹奏楽団)の創始者。

クラリネットを山本繁、海鋒正毅、村井祐二、内山洋に師事する。
指揮法を紙谷一衛に師事する。
東京消防庁音楽隊第8代隊長、初代さいたま市消防音楽隊楽長を歴任。
現在、フリーで吹奏楽、クラリネットの指導等で活躍している。
= 司会者 =
大田 昌穂 大田 昌穂

演奏会に来られたことのある方ならば「ああ、あの人ね」とわかってしまうほどの超有名人!!

本職は「結婚式場での司会」ではなく、エレクトーンの先生。
ヤマハ渋谷センターで講師として活躍中である。